眼のまわりの外皮は顔の中でも特に薄いため、ほんの僅かなかゆみなどの外部刺激でも皮ふトラブルにつながりやすいデリケートな部分なのです。顔の中でも特に瞼や目じりは乾燥小じわが目立ちやすいので、悩んでいる人も非常に多いのでは思います。

瞼や目尻に乾燥小皺が作られるという原因はライフスタイルによってさまざまで、mascaraですとかジェルアイライナーなどの化粧を完全に落としきることが不充分なために素肌に想像以上にダメージを与えてしまったり、洗浄パワーの強い洗顔料を使ったり、洗うときに力が入り過ぎてしまう事によって肌に必要な潤いまで落としてしまう、洗顔後の保湿ケアが不十分であったりを送ってしまうこと可能性として挙げられます。更に、コンピュータや多機能端末などの長時間の作業は目に負担とかけ、不規則な生活と徹夜が重なってしまう事によって眼の疲労に繋がってしまいます。そうするとこの目の疲れもしわの元になってしまうのです。

それらの生活習慣の積み重ねによって出来る皺を今よりも増えないようにする為には、アイシャドウを落とすときにはかならずアイメイク専用のメイク落としを使用して、アイブローの落ちていない箇所の残らないよう入念に洗い流すようにします。その他、肌に潤いを閉じ込めるはたらきがあるceramideやCollagenなどが配合された化粧品等を使っていきながらきちんとうるおいケアを行っていくように心がけましょう。目もと用のクリームなどもとても効果的なのでおススメです。

目の疲れを少しでも軽くするためには、暖かいタオルを当てて血行を良くしていくことや、personalcomputerなどを使っている時にはちょっと休憩することなども眼のリフレッシュになるとされています。その他にできる対策としては、紫外線予防に日焼け止めを塗ったり、紫外線をブロックする効果のあるサングラスを掛けて外に出るetcも大変紫外線対策に有効です。また、目の周りをあまり擦らないように注意することは簡単にできる眼疲労対策なのでお薦めです。