目のまわりは外皮がとても薄いですから、少しの刺激で乾燥などが発生しやすい箇所です。そのためにも、毎日のしっかりとしたお手入れが必要不可欠になる所だとも言え、それらの対策を継続することによって乾燥しわや茶クマ、目もとのたるみといった肌トラブルを軽減することが出来ます。

お手入をする場合には、皮膚の状態に合わせた眼元ケアを継続していくことが大切です。保湿美容ゲルもお肌の悩みにマッチしたものがたくさん売られているため、肌の状態にあわせた物を使用してみるしてくことが有効とされています。

肌の乾燥が悩みなんてときだと、保湿効果の高いセラミドや水分保持に効果のあるヒアルロン酸、肌の弾力を保つコラーゲン等の保湿成分が含まれたものがおすすめになります。コラーゲンは肌に水分を蓄える力が非常に高いため、乾燥に出来た眼もとのちりめん皺に有効です。

目もとのくすみが悩みとなる時だと、シミ対策に効果のあるvitaminC誘導体がお薦めです。vitaminC誘導体はコラーゲンの合成を活発にする働きがある成分なので、強い紫外線や炎症が原因で体内で合成された活性酸素によって起こったくすみや縮緬ジワによく、シワをきちんと解消していきたいという時にはレチナール入りの目もと用美容液が効果的だとされています。少ない刺激で安定した成分で美容液などに配合されているレチニールエステルはビタミンAのことを言います。皮膚にも非常に大切な成分で傷んでしまった肌細胞を回復させてcollagenやエラスチン、hyaluronic acidを造り出します。

ただし使う時に注意しなくちゃいけないのが、vitaminC誘導体やレチニールエステルは皮膚が過敏な人が使った場合刺激が出る場合もあるようです。ですので、肌トラブルにならないように使う前に出来るだけ手の甲など肌の柔らかい部分にそれらをぬりパッチテストをやってから使用されることがお勧めとなります。また、眼元のcareをする際にはクレンジング等にも注意することが肝心です。